介護ソフト(介護報酬請求)について

介護施設において事務に携わる人は介護保険についての理解が必要になります。
これは介護報酬算定や利用者ごとに保険が適用されるサービスについては自己負担額を算出したり、地方自治体への請求を行ったりしなければならないからです。介護保険の改正も段々と行われてきており、これから先はその内容も細分化されていって、利用者の状況によって自己負担分の区分が変わり、介護報酬の額もサービスの質や種類の変化によって多様化してくることが予想されます。
このため医療業界と同様に介護事務に携わる人はプロフェッショナルでなければならなくなってしまう時代が到来することも遠くない将来かもしれません。
しかし、医療費と同様に介護費を高騰させないためにはあまり専門性が高くなくてもできるはずの事務処理に有能な人材を多数割いてしまうのは得策ではありません。介護保険にそれほど熟知していない人でもできるようなシステムを導入することの方が大切であると言えます。
その有望な方法としては介護ソフトの導入です。
利用者の負担額や介護報酬額などを算出して書類を作成するのは介護ソフトによって確実に行えます。利用者の情報や行ったサービスを入力するだけで介護ソフトならそういった計算を行い、書類を作成することができます。これを導入することで経験のないアルバイトであってもこういった事務を行えるようになるのです。特にASP型の介護ソフトであれば、法改正にも対応できるので安心です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不要なパソコンを廃棄処分する方法

APPLEから新しいiPadが出たので、今更ながら購入してみました!タブレット端末では仕事には不向きだろうと、頑張って古いノートパソコンを使っていたのですが、タブレット端末の機能や便利さにすっかりハマってしまいました。最近は端末の容量は処理速度も、仕事でも十分につかえる上、クラウド環境も整っているので、パソコンにすべての情報を持ち歩かなくても良いですよね。
気が付けばXPを搭載したパソコン2台、win7のパソコン1台と、知らず知らずに不要なパソコンが増えてしまいました。不要なパソコンを処分するにも、仕事柄、個人情報やメールが入っていたパソコンばかりで、バックアップを取って自分でハードディスクを初期化したとはいえ、外部に出すのは怖いと思い、結局3台もの不要なパソコンは手元に残ってしまった状況です。
いよいよ不要パソコン3台の廃棄・処分を実行するにあたり、ネットで調べてみました。結論としては、パソコン廃棄業者に出すのが一番良いようです!
パソコンを廃棄するには資源ごみ扱いで、普通は廃棄費用が取られるようですが、最近のパソコン廃棄業者は無料で引き取ってくれます。パソコン廃棄業者のサイトでパソコンの送付先を確認、段ボールに詰めて着払いで郵送するだけです!送料も無料なのです。しかも、ハードディスクの情報流出が心配な人(私ですね!)には、データ消去証明書も出してくれます。廃棄パソコンの回収・データ消去まですべて無料です!さらには、100円で買い取ってくれる業者までありました!でも、なぜ無料や買取までしてくれるのかと調べてみましたら、パソコン廃棄業者は回収したパソコンをリユースしたり、リユースできないものは資源レベルまで解体してレアアースや金、銀を取り出してリサイクルすることで収益を上げているので、すべて無料であったり100円買取が実現できるとのことのようです。
やっと安心して不要なパソコンを廃棄に出して、部屋もスッキリできそうです!皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?個人でも法人でのまとまった廃棄も受け付けてくれるそうです!

今回利用するパソコン廃棄業者のディファレント(http://www.diff-kaitori.jp/)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

収入保障保険の仕組みについて

生命保険には、非常に多くの種類が存在します。それだけではなく、特約が多岐に渡りつけることができるので、それだけでこんがらがってしまう場合が多いのです。生命保険の中でも、最近話題になっているのが、収入保障保険です。これは、被保険者に万が一の事があり、死亡や高度障害を患った場合において、年金が満期まで毎月支払わられるのが特徴になります。
 
収入保障保険の賢いところは、年齢が高齢になるにつれてもらえる金額が減っていくというものです。実は、子供が独立している場合は、教育費などを考えると若い時には多く貰い、高齢になるときには少なく貰うほうが保険料も抑えられるので賢く、収入保障保険に加入することができるのです。
 
収入保障保険は多くの保険会社で取り扱いが始まっています。自分の万が一のことがあった場合の、残された家族の為の保険になりますので、収入保障保険は知っていて損はありません。収入保障保険は、若い内から契約しておくことで、大きな意味を持つものでもあるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

医療保険のおすすめとは?

医療保険は特約とのセットが基本です。おすすめとして言われる特約は、がん保険や生活習慣病への対応などが盛り込まれた特約とのセットとなった医療保険になります。この特約の部分は、自分で取捨選択できるタイプの医療保険が多くなります。医療保険の中にはがん保険が単独で販売されていることが多いです。
 
がん保険に関しては、特約で医療保険とセットという考えよりも、単独で契約したほうが良いというプロの意見も多くなってきています。このように、特約にするか、単独で考えるか悩みどころな場合もあります。医療保険のおすすめはやはり特約にかかっています。おすすめの特約は人それぞれ違いますので一概には言えません。
 
医療保険と聞けば、入院費などを給付してくれるというのが一般的です。これは、基本的な部分となっており、どの保険会社の商品を選んでも変わることはありません。おすすめとして捉えて欲しいのは、特約となっている部分です。この部分を常にどの程度考えておくかによって、おすすめ度合いが変わってくるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

簡単に自動車保険比較ができる時代になった

以前までは、保険代理店が保険を探すのが普通でした。しかし、間に仲介がいると保険料が手数料をプラスしているので割高になる傾向がありました。ただ、仲介がいなければ難しい保険を素人が完璧に把握するのは難しいものです。ですので、長い間この仕組みが意味を持っていました。しかし、時代は変わり誰でも自動車保険比較をすることができるようになったのです。
 
インターネットの普及により自動車保険比較をして代理店を介さずに直接自動車保険会社から、保険の加入をすることができるようになりました。保険料が安くなるということで、ダイレクト型自動車保険と言われています。自動車保険比較は、この時代だからこそ意味を持ちます。保険は加入したら無関心になる人が多いのが事実です。それは実にもったいないことだと自覚することが必要です。
 
保険は年々進化しています。昔加入したものが現在では時代遅れということも考えられます。自動車保険比較をすることで、自分に合う保険がどんなものなのかを簡単に把握することができます。自動車保険比較はとても重要になってきているのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

がん保険選び方について

がんは多くの人が発症する可能性がある病気になってきました。その影響か、がん保険を知らない人はいないほど認知されるようにもなってきており、多くの人が検討している保険になります。それだけ人気なので、保険会社も様々な保険商品を販売するようになりました。がん保険選び方情報などが表れたのはこうした背景があります。

がん保険選び方として知っておきたいことは、どんな保険が存在しているのかを知ることにあります。がん保険選び方を知っておかないと、気付かなかったお得な情報などを得ることができるのは大きいです。がん保険選び方で大事なことは、保険料保障額をしっかりと把握しておくことです。

種類が多いので何を基準にして選べば良いのかが分からなくなるがん保険ですが、しっかりと、がん保険選び方を把握しておくことが大事です。がん保険選び方はお得な保険が多くなってきた今だからこそ重要な要素になってくるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

生命保険を申し込む前に知っておくべき情報

生命保険には養老保険や個人年金保険など、実はいろいろと種類があります。
病気や不慮の事故にも困らないようにしたい、死亡時に家族のためにお金を遺したい、闘病に備えたい、公的年金だけでは将来が不安・・・など、保険加入にあたり何を重視するかによって、どんな保険を選ぶのかは変わってきます。
なので、生命保険を申込する時には、事前にそれぞれの商品について知っておくことが必要です。
 
生命保険のメリットですが、例えば、決まった期間保険に加入することができるので一定の保険期間内に保障の対象となる人が死亡した場合、死亡保険金を受け取ることができる点があります。
生きている限り年金が受け取ることができる個人年金保険は老後の保障をしてくれるので安心できるというメリットがありますね。
また、プランによっては、医療保障がつくものもあり、自分が病気やけがで入院した場合、そのときの入院費用の負担が軽くなります
生命保険は、病気や不慮の事故時に困らないようにしたいと考えている方にとって、とても利点のある内容になっています。その辺りは生命保険ランキングなどを見ると詳しく書かれています。
 
ただし、生命保険を選択する場合には、十分に考慮するべきです。不親切な勧誘があるというケースも考えられますので、気をつけて選ぶことが重要です。必要ではない保険の加入を求められることがありますし、誰でも充分ではないプランは避けたいですものね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

一戸建て住宅の方必見!火災保険の選び方

今日は戸建住宅にお住まいの方のための火災保険選び方講座です。
ご存知の方も多いかと思いますが、集合住宅と戸建住宅では選ぶべき火災保険が異なってきます。その理由はそれぞれのリスクが異なるからです。例えば、集合住宅の上階に住んでいれば豪雨などを原因とする床下床上浸水はあまり想定出来ないでしょう。逆に、集合住宅では隣の人の起こした火事のもらい火に注意する・・・などと、備えるべきリスクが違うので、選ぶ火災保険が変わってくるのです。
 
まずは、近隣の建物など。住宅などが密集した場所に建物がある、高台にある、低い場所にある、河川などが近いという具合に建っている場所を把握して、火災保険で対応出来るリスクを洗い出します。交通量の多い道路に面しているなら自動車の衝突も注意しておきたいところです。
また、建物の地域によって天候(台風が多いなど)に傾向がありますので、自ずと備えておきたいリスクもリストアップします。主には雪災、風災、物体の落下・飛来・衝突・倒壊などでしょうか。
「住宅総合火災保険」であれば全ての補償がワンパックとなっておりますが、不要な補償が含まれている場合は必要な補償のみを選ぶ事の出来る火災保険で対応するようにしましょう。そうすれば無駄が省けて保険料も最低限で済ませられます。もちろん、複数の火災保険を見積もりで比較して充分な内容で少しでも安い保険を探すようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

費用に見合った海外旅行保険に加入しましょう♪

海外旅行保険のメリットとして、どのようなことがあるのでしょうか。
 
はじめに、海外旅行保険の特徴として、必要な期間だけ加入できるということがあげられますよね。
旅行に行っている間だけの保険ですから、費用も安く、不必要な保険料を払わずに済みます。
さらに、旅先での病気や怪我による治療費が補償されるので高額な医療費の負担を軽減できるというふうにも言われているようです。特に海外でお医者さんにかかると、健康保険が効かず、とんでもない高額の請求をされてしまうケースもありますので、この問題はきちんと念頭に置くべきです。
 
海外旅行保険について、加入する方の多くはいざという時の安心を得ることを念頭に置いているようです。
緊急時には家族の渡航費用や宿泊費が補償されますので、万が一の際に家族への金銭的負担をかけずに済みます。
 
海外旅行保険で気になるのは費用に関する点もあるでしょう。
2700円から19000円といった場合が一般的です。滞在期間や目的地によってかなりばらつきがありますのでいくつかの海外旅行保険を比較してみながら検討するようにしましょう。
 
このように海外旅行保険には、いろいろなタイプがあるのと同様に、メリットも同様にあります。
ですので、加入を考える人は、まずはHPや取り寄せたパンフレットをチェックしてみることで、長所や短所をチェックしておくことをおすすめします。
海外旅行保険比較⇒http://www.diediedieband.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

おすすめ火災保険教えます!

火災保険の対象は主に「建物」と「家財」です。住宅の場合はその家や部屋が自分の持ち物か、借りている物件なのかによってリスクが変わってきますので、火災保険でおすすめしたい内容も異なってきます。
また、購入した物件でも、持ち家とマンションタイプではプランも変わります。持ち家は建物全体に対して保険を掛け、マンションでは専有部のみに保険を掛けるといったものです。
こういった「建物」を保護する保険という側面以外にも、例えば自分が火事を起こしてしまい、近隣や大家さんに迷惑をかけた際の「賠償責任」を負ってしまった時の補償などもあるのが火災保険なのです。
火災保険はいくつもの種類がありますので、今回は具体的に保険商品名をあげて特徴を書き出してみたいと思います。
★AIU保険《スイートホームプロテクション》・・・火災のリスク、自然災害のリスク、日常生活のリスクの他に損害防止費用などへの保険金も用意されています。
☆損保ジャパン《ほ~むジャパン》・・・標準補償以外にも水道管修理費用など個性的な補償あり。鍵のトラブルや水まわりのトラブルなど、日常生活上の困ったにも応えてくれます。
★セコム損保《セコム安心マイホーム保険》・・・充実した補償内容に加え、「セキュリティ・グレードアップ費用」など、ホームセキュリティのセコムらしいサービスが自動付帯されます。
保険商品ごとにその特徴などを調べてみるとおのずと自分の要望に合う保険が見えてくるかもしれませんね。
手っ取り早く火災保険のおすすめ商品を知りたい方はこういう情報を利用するのが手だと思います。
最近は保険会社以外からも一般の方も保険の説明を書いてくれているのでとても便利だと感じています。
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ